HOME > 爪問題の解決事例集 > ネイルで手が荒れる > 【ネイルで手が荒れる】Case2 皮膚が弱く爪の形が崩れてしまったI様のケース

爪問題の解決事例集

< 【ネイルで手が荒れる】Case3 アセトンで肌が荒れてしまったK様のケース  |  一覧へ戻る  |  【ネイルで手が荒れる】Case1 アトピー性皮膚炎で手が荒れるM様のケース >

【ネイルで手が荒れる】Case2 皮膚が弱く爪の形が崩れてしまったI様のケース


皮膚が弱くてお爪も伸ばせず、お爪の形も崩れ、小さくなってしまっていたI様。
ご自分でどうすればいいのかわからご相談をいただきました。

まずはお爪を伸ばしてお爪の形を整えていきます。お爪を補強するために、取り替えの負担の少ないハードジェルで施術しました。

ここで問題となったのが、ジェルを硬化させるために使用するUVライトです。
紫外線に敏感なお肌でしたので、LEDライトをしようしました。

LEDライトはライトの手の入れ方で未完全硬化の部分が出てきてしまう事があります。
結果UVライトを使ったほうがいい結果となりました。

ジェルネイルに使用するライトから出る紫外線はとても微弱なもので、ジェルネイルに定期的にご来店いただ施術いただても、普通に外出されて屋外の紫外線を浴びても問題ない方にはごご心配には及びません。

ですが、I様のように紫外線に敏感な方には、施術後のほてりやかゆみがでてきてしまうことがあります。

そこでライトの紫外線をカットするグローブをお付けして施術させていただきました。

グローブ使用後は以前ほど施術後のほてりなどもなくなり、現在はお爪の形もきれいになりました!

現在はお好きなアートをお楽しみいただいております。

< 【ネイルで手が荒れる】Case3 アセトンで肌が荒れてしまったK様のケース  |  一覧へ戻る  |  【ネイルで手が荒れる】Case1 アトピー性皮膚炎で手が荒れるM様のケース >

カテゴリ:

このページのトップへ